トップページドクターに訊くQ&A矯正治療中の転医

JBO認定歯科矯正専門医がお答えします

Q:矯正治療中の転医

引っ越しをすることになり、これまで通っていた歯科医院に通院できなくなりました。

矯正治療が終わっていませんが、どうしたら良いでしょうか?

A:治療を担当している先生に紹介を受けてください。

矯正治療は期間が長いため、親の転居・転勤や本人の進学等のために診療所を変えなければならないことがあります。診療所を変える場合、主治医が変わりますで、そのことを転医すると言います。転医される場合には、治療を受けている先生に相談すれば転居先での矯正歯科医院を紹介していただけるでしょう。
わたしたちJBO認定歯科矯正専門医は、そういう状況に対応できるシステムを持っています。地域により事情は異なりますが、可能な限り転居先の専門医を紹介しています

転医するときの注意事項

前医での治療の資料が必要です。
転居によって新たな矯正医が引き継いで治療を完了させるためには、初診時の資料(写真、レントゲン、口腔模型等)と、それまでに受けた詳しい治療経過(カルテのコピー等)が必要です。また治療費の契約書や支払い明細書も必要になります。
矯正料金は地方差がありますので、転医の際は双方の先生によく説明を受けてください。

ドクターに訊くQ&A 一覧

【ドクターに訊くQ&A】矯正治療についてよくある質問を専門医がお答えします。