トップページドクターに訊くQ&A矯正治療のテクニック

JBO認定歯科矯正専門医がお答えします

Q:矯正治療のテクニック

歯はどのように動かすのでしょうか?

歯並びをきれいにするために、装置を使って歯を動かすと聞きましたが、どうやって動かすのでしょうか?
また、本当に歯が動くのでしょうか? 歯がグラついたり抜けたりしないのでしょうか?

A:骨の代謝機能を利用し、ワイヤーなどで歯に緩やかな力を加えて動かします

「歯を動かす」ということがよくわからなくて矯正治療に不安を感じている・・・というご相談をよく受けます。歯茎からしっかりと生えている歯が本当に動くのか? 動いたとしてもグラついたり、抜けてしまったりするのでは? そんなご心配もごもっともです。
矯正治療においては骨の代謝機能を利用して歯を動かすのです。代謝というのは、古いものが新しいものと入れ替わることです。一気に大きく移動させるのではなく、生体が持っている自然な機能によって少しずつ動かしていくのです。

歯が動くしくみ

骨吸収と骨形成の繰り返し=「骨代謝」によって動きます

歯は顎の骨(歯槽骨といいます)の中で、歯根膜という軟組織に覆われています。ワイヤーなどで歯に力を加えると押された側の歯根膜は圧迫され、歯槽骨の表面に破骨細胞が現れてきます。この破骨細胞は圧力を軽減するために骨を溶かすので(破骨細胞による骨吸収)、骨が溶けた分だけ歯が動きます。
押された反対側は歯が動いた分だけ歯根膜が広がることになります。この広がった歯根膜を元の幅に戻すために歯槽骨の表面に骨芽細胞が生じて骨を形成しはじめます(骨芽細胞による骨形成)。このことによって動いた歯のまわりの歯根膜の幅は一定に保たれるのでぐらついたりしないのです。これを生体の恒常性といいます。 少しずつ骨吸収と骨形成をくり返すこと(骨代謝)によって歯が必要な位置まで動かします。

注意しなければいけないのは、強すぎる力では歯は動かないということです。時間がかかりますが、適切な強さの力をゆっくりとかけていくことで効率よく歯を動かすことができます。このように生体の自然な機能を利用しながら歯を動かすので矯正治療には時間がかかるのです。

動かない歯

“動かない歯”を見極めることができない矯正医はNG

「何年も矯正治療を続けているのに、全く歯が動きません」というご相談を受けることが時々あります。歯が動かない理由はいくつかあります。歯と歯槽骨が癒着(アンキローシス)しているような場合にも動きません。癒着していることを見極めて適切な処置を行えば、ほとんどの場合動かすことができます。矯正治療の経験が少ない歯科医師だと、“歯が動かない”ことに気付かないまま無理に治療を進めてしまうため、何年かかっても治療が進まないのです。
“動かない歯”を見極められるかどうか、見極めた後に適切な処置を行えるかどうかは、やはり治療を担当する矯正医の熟練度によるものだと思います。

歯を動かすワイヤーテクニック

スタンダードエッジワイズ法とストレートエッジワイズ法

歯を動かすためには様々な装置が使用されますが、大切なことはどんな装置を使うかではなく、理想的な位置に歯を動かし歯並びとかみ合せをきれいに仕上げることができるかどうかです。一般的にはワイヤーの弾力を利用して歯を動かす矯正テクニックが用いられます。治療方法にはさまざまなものがありますが、ここでは代表的な二つのワイヤーテクニックについてご紹介します。

スタンダードエッジワイズ法 【仕上がりがきれいなスタンダードエッジワイズ法】
矯正歯科医がそれぞれの患者さんの一本一本の歯の大きさや歯列弓の形に合わせてワイヤーを曲げるテクニックです。患者さんの個別の状態に合わせて緻密に調整することができますので、「オーダーメイドの矯正」などとも呼ばれます。様々な症例に対応できどのような歯並びやかみ合せでもきれいに仕上げることができます。
ただし、矯正歯科医の熟練した技術が必要で、術者により仕上がりに差がでやすい方法でもあります。

ストレートエッジワイズ法 【既製ワイヤーによるストレートエッジワイズ法】
平均的な歯や歯列弓の形状に合わせた既製品の装置やアーチワイヤーを使って治療をおこなう方法です。矯正歯科医が個別にワイヤーの屈曲は行わず、歯を平均的な位置に動かしていきますので、術者の技術に左右される部分は少なくなります。
ですが、矯正治療の最終段階では患者さんの歯の大きさ、歯列弓の形にあわせたワイヤーの屈曲が必要になります。これをきちんと行えば質の高い治療ができます。しかし、最初からオーダーメイドで調整するスタンダードエッジワイズ法と比べると一度、平均的な歯列の形、歯の傾きを経由するので治療の効率が悪いです。

ドクターに訊くQ&A 一覧

【ドクターに訊くQ&A】矯正治療についてよくある質問を専門医がお答えします。